王子が岳でプチ登山!ニコニコ岩ってどんな岩?

観光

こんにちは!ともです。

今回は、旅行大好きなともがお勧めする観光スポットを紹介していきます。

すごくお勧めの観光スポットが、岡山県の瀬戸内市にある「王子が岳」です。

僕は岡山県育ち、岡山県生まれなので、何回か王子が岳に行き登ったことがあります。

そこで今回は、「王子が岳でプチ登山!ニコニコ岩ってどんな岩?」ということで紹介していきたいと思います!

 

王子が岳ってどんなとこ?

 

岡山県玉野市渋川にあるビュースポットであり、瀬戸大橋の全景や四国方向の景色が一望できます。

標高235mという小高い山であり、ハイキングコースとしても人気な場所となっています。所々に大きな岩があり、その岩が何かの形に見えると有名でもあります。

車の際には、瀬戸中央道児島ICから20分、バスだと岡山駅から約1時間で渋川で下車、徒歩15分ほどで到着します。

王子が岳へ行く道は、山の中まで公道が続いており、比較的アクセスがしやすい場所となっています。広い駐車場も完備されています。

春にはサクラやツツジなど、約1000本の花が植えられており、地元では花見として大変人気な場所なんです!

景色が綺麗で僕も頻繁に行っている場所なので、綺麗なところに行きたい人に、楽しみ方を紹介していきます!

 

展望台からの絶景!山から瀬戸内海を堪能!

 

駐車場から真っ直ぐ標識を辿っていくと、5分ほどで絶景の展望ポイントに到着します。標高235mの高さから大パノラマで見渡せるため、自然の雄大さなどを感じることができます。

いくつもの大きな岩で囲まれているので、解放感の割には、あまり怖さを感じません。端まで行くと断崖絶壁なので、もちろん怖いです。

おすすめの時間帯は夕方です。瀬戸内海に沈む夕日が反射し、綺麗に見る事ができます!

この絶景ポイントに行くだけでも、来た価値を見出す事ができるほどお勧めのポイントなので、ぜひ行って欲しいです!

 

空から絶景を堪能!パラグライダー体験!

 

王子が岳は、パラグライダーを楽しめる場所として全国的に有名であり、予約をすれば、パラグライダーを体験することもできます。

経験を積んだパラグライダーが操縦する二人乗りなので、安心して乗る事ができます。

料金は保険料込みで¥8000となっており、約20分間の空中散歩をする事ができます!

カメラのレンタルもできるのでSDカードを持っていれば撮影もする事ができます!SDカードの販売もあります。

 

登山しながら楽しめる!変わった岩を探しに行こう!

 

王子が岳には、無数の岩が置かれて形成されており、そこに登って展望をすることもできます。

中には、その岩が何かに見えるなどと言われる岩もあり、「おじさん岩」「にこにこ岩」「ひつじ岩」など楽しいネーミングで変わった形の岩がたくさんあり、探して見るのも楽しみのひとつとなっています。

少し外れた場所には壁画もあり、鉄の梯子もあり、誰がいつ、どうやってここに描いたのか、謎な状態で残っており、不思議な感じとアートの素晴らしさを感じる事ができます。

 

ニコニコ岩を見ながら一緒に絶景でにやけよう!

 

中でも有名で人気な岩が「ニコニコ岩」であり、駐車場から2本に分かれている道の左側を歩くと真横まで行く事ができます!多少のアップダウンがありますが、約15分ほど歩けば到着します!

よく見ると横を向いて目を閉じて微笑んでいるように見える岩であり、この岩を目当てで写真を撮りに来る人も多くいます。

ニコニコ岩の上にも登る事ができ、休みの日などでは、子どもたちが登ってよく展望しています。

 

たくさんの岩をよじ登ろう!王子が岳でボルダリング!

 

王子が岳では、1970年代のころからボルダリングが盛んに行われています。

玉野市からも「ボルダリングマップ」というものが発行されており、それをもとにボルダリングをする事ができます。

初級コースから上級コースまで、約80コースあるため、自分に合わせて登ることもできます。

休みの日になれば、多くのボルダーを見かけます。ボルダーは親切な方が多いので、登るコツなどを聞けば、優しく指導してくれます。

みんなで楽しく岩を登ってみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今回は、「王子が岳でプチ登山!ニコニコ岩ってどんな岩?」というテーマで王子が岳について紹介させていただきました!

王子が岳は、簡単に登ることのできる場所で、達成感とともに絶景を味わう事ができるおすすめの場所です。

この記事を読んで素敵だなと思った方は是非遊びに行ってはいかがでしょうか?

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

また次回も「ともの旅行ブログ」でまた会いましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました