東京周辺のおすすめの温泉銭湯は?筆者が行った評判の良い場所まとめ!

観光

こんにちは!ともです。

今回は、東京周辺のおすすめの温泉・銭湯について紹介していこうと思います。

東京周辺で電車で行けるような、おすすめの温泉・銭湯を紹介して欲しいという方に、僕が行ったことのあるおすすめの場所を紹介します!

僕はお湯に使って一服をするのが好きで、休みの日になると、半日使って温泉や銭湯に行きます。

そこで今回は、長い時は3時間以上入浴してしまう僕が、「東京周辺のおすすめの温泉銭湯は?筆者が行った評判の良い場所まとめ!」ということで、東京周辺のおすすめの温泉・銭湯について紹介していきたいと思います!

 

おすすめの温泉を紹介!

 

まずはおすすめの温泉を紹介していきます!

僕は入浴しに行く際は、アクセスがしやすいところというのを最優先にしており、電車と徒歩で行ける範囲で行っています。どの店舗も車でも行きやすいのでどちらの行き方でも構いません!

 

稲城天然温泉 季乃彩(ときのいろどり)

 

まず紹介するのが、稲城にある天然温泉の季乃彩(ときのいろどり)です。当字の名前で、僕も最初調べていこうと思った際、なんて読むのかわかりませんでした。「ときのいろどり」です。

南多摩駅で下車し、徒歩5分ほどで着きます。

行くまでの道は直線と看板でわかりやすい道なのですが、少ししんどい登り坂が続きます。湯に入れば忘れてしまう程度なので頑張って行ってください笑。

露天風呂は地下1700mから湧き出た、源泉かけ流しのお湯で、店の名前の通り、季節によって彩りが変わります。

僕が温泉巡りにハマったきっかけの温泉でもあり、源泉を使った大浴槽だけでなく、炭酸泉やジェットバスなど豊富にあり、ゆったりとした時間を過ごせます!

僕は平日が安いというのもあり、木曜日の午後に行きました。

木曜日でしたので普段の温泉の人数よりは少なく、壺湯やサウナなど、自分の時間を過ごすことができたので、平日の夕方がほど良い人数でおすすめです!

 

前野原温泉 さやの湯処

 

次に紹介するのが、東京都板橋区にある天然温泉の、「さやの湯」です。

都営三田線の志村坂上駅から徒歩約10分のところにある天然温泉で、場内は他の温泉場所と比べ、特に静かな雰囲気で都会にいることを忘れるほど落ち着く場所です。

行った後に知った情報なのですが、名前の「さや」は日本の古語表すと「清」と書くそうで、 清らかな様子や、音が澄んで響く様子、 色が明瞭で鮮やかな様を表します。

自身が体感したことが実践されていることだと知り、居心地の良さに納得しました。

場内は高齢の方がよく来るため、平日の昼間でもやや多い混み具合でした。

人は多いのですが、浴槽は広いため、心置きなく入ることができます。

特におすすめなのが、お風呂上がりの縁側スペースでの休憩と食事処での夕食です!

旅館のような設計で、まるで旅行に来たような気分を味わえます。

僕は昼過ぎからここにいき、夕方まで入浴した後、ここで夕食として十割そばを食べたのですが、風呂上りの喉が渇いた状態でスルッと入ってくる側は絶品で、おかわりが欲しくなるような美味しさでした。

是非ここに行った際は、夕食まで食べるプランを立てて行っていただけたらなと思います。

 

天然温泉 湯花楽厚木店(ゆからく)

 

次に紹介するのが、神奈川県厚木市にあるスーパー銭湯「湯花楽 厚木店」です。

ここは徒歩だけでは行きにくいところにあるのですが、ぜひ行って欲しい温泉なので紹介させていただきました!

本厚木駅から無料シャトルバス運行されているので、電車で行く方は、ぜひバスで行くのが良いです!

1450円の1日コースを買うと、タオルセットやサウナ着付きがついており、比較的安い料金でサウナから温泉まで1日楽しむことができます。

露天風呂も6種類あり、時間の許す限り風呂に入ることができます。

お風呂から上がると、物凄い量の本や漫画も用意されており、くつろぐことも出来ます。

 

スパジアムジャポン

 

東京都東久留米市にある日本最大級のスーパー銭湯で、名前の通りちょっとしたホテルのようなデカさをしています。

徒歩だと東久米駅から25分ほど歩きました。

東武東上線「志木駅」「朝露台駅」、JR武蔵野線「北朝露駅」、西武新宿線「田無駅」、西武池袋線「東久留米駅」の4カ所から無料のシャトルバスが出ているので、是非そちらを使って行ってください。※朝露台駅と北朝露駅は同じ乗り場です。

デカい施設内は、5階まであり駐車場、15種類のお風呂とサウナ、岩盤浴、リラクゼーションルームなどが設置されています

ちょっとしたアミューズメントパークのようにいくことができ、休日にはカップルや家族連れが多く訪れています。

マンガやマッサージチェアなども完備されており、雑魚寝をしながらくつろぐことも出来ます。

充電もすることもできるため、電池残量を気にすることなく、一日中遊ぶことができます。

温泉は、東京都で唯一「平成の名水百選」に選ばれた東久留米の湧水と同じ水源を使用しており、関東エリアでは珍しい透明の色をしていて、炭酸水素塩泉を多く含んでいるのでものすごく肌がすべすべになります。

特におすすめなのは、シルク風呂です。

真っ白なお湯はミクロの気泡が発生していることによってなっている色で、血行と新陳代謝を高めるため、すぐ汗をかき、疲れを取ることができます。

この湯が気に入りすぎて、シルク風呂と水風呂を行き来していました。

ここに来たら岩盤浴も追加した方がより楽しむことができます。

最新の漫画なども豊富に揃えてあるので、時間がたっぷりある場合は、是非ここで1日のほとんどを過ごしてはいかがでしょうか?

 

竜泉寺の湯 八王子みなみ野店

 

次に紹介するのが、東京都八王子市にある「竜泉寺の湯」です。

竜泉寺の湯は名古屋発祥のスーパー銭湯で、各地に店舗があるのですが、八王子の竜泉寺の湯が行って印象的だったので紹介します。

竜泉寺の湯で特徴的なのが湯の種類です。

14種類という数の特徴的な風呂が設置されており、高濃度炭酸泉やつぼ湯、泡の湯、夜になるとライトアップされるホタルの湯など、それぞれの特徴に沿った入り方をすることができ、疲れた体をリフレッシュすることができます。

ここの店舗は、八王子の住宅地に近いというのもあるせいか、子ども連れが多い印象でした。

徒歩で行く場合は、京王線「片倉駅」より徒歩10分で行くことができます。

JR「八王子みなみ野」駅、「八王子」駅、「橋本」駅、京王線「北野」駅の4か所から無料のシャトルバスも出ているので是非シャトルバスを使っていくのが良いと思います!

僕は歩いていくのが好きですので、片倉駅から川沿いを歩きながら向かいました。

特におすすめなのがここの寝湯です。

普段寝湯は浅めの設計をしているため、お腹の部分が出てしまい、お腹が冷えがちです。

ところが竜泉寺の湯の寝湯は、やや深めに作られており、全身浸かることができます。

僕がここに行った際は、身体が冷える心配もなく、気づけば1時間以上眠っててしまっており、一緒に行った友人に起こされて起きました。

それほど気持ちよく入ることができる場所ですので、気になった方は是非行ってみてください!

 

大谷田温泉 明神の湯

 

次におすすめなのが、東京都足立区にあるスーパー銭湯、「明神の湯」です。

亀有駅から徒歩20分ほどの場所にあり、徒歩にしては少し歩きましたが、足立区の景観を見たかったので僕は温泉まで少し歩きました。

綾瀬駅と亀有駅から東武バスに乗って近くまで行くこともできるので、ぜひバスを使ってください。

1回は全て駐車場になっており、車で行く際も、場内に止めることができます。

どのお湯も全体的に熱めに感じたお湯で、椅子や露天のところで休憩をしては入ってを繰り返したところとして印象深いところです。

舐めると少ししょっぱい水質で、お肌がすごく滑滑になります。

普段ここは循環の温泉なのですが、月に数回掛け流しになる日があるのでその日を狙っていくのもより良いかもしれません。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今回は、「東京周辺のおすすめの温泉銭湯は?筆者が行った評判の良い場所まとめ!」というテーマで「東京周辺のおすすめの温泉・銭湯」について紹介させていただきました!

この記事を読んで素敵だなと思った方は是非遊びに行ってください。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

また次回も「アウトドアなともが紹介するたびブログ」でまた会いましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました